正四面体と正八面体を作りました〜

10403071_583812341741827_3943245140866500013_n


1:√3 の折り紙で作成。
数あるユニット折り紙のなかでも、私はこの作り方が一番好きかも〜。

実は、このユニット折り紙、
以前息子と訪れた某私立中高一貫校の説明会で、その学校の先生が紹介してくださった作り方なの(笑)
やっぱり、知っている人は知っている。好きな人は好きなのね〜(^m^*


このユニット折り紙は、
パーツを作るときも「正三角形」の定理をしっかりと使うので、理解しやすいし、
作りやすい。組んだ時の安定感がいい。
何より整形したときの幾何学模様も美しい!



「多面体」が好きです。
特に「正」と名のつく多面体、
いわゆる、プラトンの立体と名のつく多面体が好き。

→ wikipedia「正多面体」


いわく、

「すべての面が同一の正多角形で構成されてあり、かつすべての頂点において接する面の数が等しい凸多面体は5つしか存在しない」


嗚呼、なんてシンプルで奥深い事実なんでしょう。

正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体。


しかも、これらの五つの多面体が、互いに相関関係を成しているなんて。

プラトンが、この事実から自然界の真理を感じ取り、
「トップシークレット」としたのもわかるような気がする。



ちなみに、正八面体と正四面体も仲良しです。
同じ正三角形から成形されていて、
65090_583812415075153_7660600284050078108_n



このように、正八面体1つ、正四面体4つで、大きな正四面体が出来るんです♪

10710919_583812491741812_2273673500650672835_n



このように、折り紙で多面体を沢山つくって、ブロックのように遊ぶのも楽しいですね〜。




うーん、可愛い…。

10153763_583812575075137_7544999409240804272_n